借金解決方法

借金を踏み倒したり夜逃げするのは実は損、その理由とは?


「夜逃げ屋本舗」。人気の高いテレビドラマだったことは記憶に新しいのでは?夜逃げをするというのは、簡単に言えば借金返済をせずに逃避することです。夜中にこっそり逃げて行方をくらますわけですね。ここで考えたいのは、借金を踏み倒したり夜逃げしたりするのは本当に得か否か、という点です。

借金の時効成立は基本的に5年です。5年でチャラになるから、5年間は隠れていよう!と考えて、夜逃げをするわけです。しかし、債権者である消費者金融などは債権保存をきっちりと行ってきます。つまり、消費者金融もただただ借金踏み倒しを見逃すことはしないということです。法律に基づいた行動を取ってくるので、5年で時効が成立する可能性は極めて低いです。

借金踏み倒しの為夜逃げをする人は、消費者金融からの督促から逃れようというのが一つの目的です。夜逃げをして行方をくらませば、もう督促は来ないと考えるのでしょう。しかし意外な事に、簡単に新しい居場所がばれるものなのです。というのは、消費者金融などの債権者は、行方不明の債務者に対して定期的に住民票を徴収します。夜逃げをした人は住民票を異動しなければばれないだろう?と思うかもしれませんが、新しい地での生活にいろいろと不便をきたし、住民票を異動する必要に駆られるのです。例えば、新しく住んだ場所で新しい仕事が見つかり、就職関連で住民票が必要になるとか、パスポート取得の必要がでるとか、理由はさまざまです。

時効までまだ期間はあるけどもう大丈夫だろうと思って住民票を異動した途端、新しい住所先に督促がやってきます。これでは夜逃げの意味が全くありません。また通常の生活をすると必ず住民票が必要になるものです。ですから、借金踏み倒しや夜逃げを計るよりも、きちんと債務整理を完了させ生活をやり直した方が断然お得なのです。「夜逃げしようかなぁ」と考えていたかもしれないあなた。今ならまだ間に合います。法律に従って債務整理を行い、第二の人生を始めましょう!

借金は一括にまとめて金利を下げて返済!

このページの先頭へ