借金解決方法

借金生活に終止符を打つための最終手段、自己破産。でもその前に


住宅ローンを抱えながら別の事でも借金をしたが、借金額が膨らみ過ぎて返せる見込みがほとんどなくなった場合どうすれば良いのでしょうか?いくつか借金を片づける方法はありますが最終手段はこれでしょう、「自己破産」です。自己破産とは、裁判所を介して行う手続きになります。そして裁判所から破産の決定を受ける事になるでしょう。そうすると、すべての債務(借金)が免除されます。ただしこれには条件が伴います。一般的な生活をするための必需品を除いて、自分の財産すべて売却することになるのです。

しかし、借金が膨らみ続けるのをただただ静観するよりは、この自己破産を行った方がよっぽどましです。そして自己破産をしたからといって会社や友人に知られる事もありません(連帯保証人を除く)。また、自己破産後は贅沢な生活はできなくとも、一般的な生活が可能になります。住宅ローンを組んだりすることは出来なくなりますが、それを除けば一般的な生活と何も変わらないのです。なぜ借金であんなに思い悩んでいたのか、不思議な気持ちになるくらいです。

しかしこの自己破産という国民を保護する国の制度を善用しなければなりません。自己破産後、また数年して借金を重ねたりすることになれば、それはなんとも情けない話です。もし本当に自己破産したとしたら、なぜこのような状況に陥ったのか考える必要があります。そして二度と同じ事を繰り返さないように固く決意を定める必要もあります。

また、自己破産の申請をする前に最後にもう一度だけ考えてみましょう。自分に甘えていないかどうか、本当はまだまだ返せる範囲なのではないか、ということを再考するのです。そして可能な限り、自分の力で借金を返すことにしましょう。勤勉に働き、精一杯お金を稼ぎましょう。精神的に辛い時もあるかもしれませんが、この辛さも人生の一部分です。

自己破産は借金がすべて免除になる代わりに、失うものもあります。それは物であったり時間であったり、お金では買えないものかもしれません。いずれにしろ、自己破産という選択をするのは容易なことではありません。何せ「最後の手段」ですからね。まずはそうならないように気をつける事。仮にそのような状況に陥った場合は、メリットと共にデメリットの部分もよく考えて最善の選択ができるようにしましょう。

借金は一括にまとめて金利を下げて返済!

このページの先頭へ