借金解決方法

借金苦を一人で悩む前に、法律の専門家に相談するのはいかが?


お金とは怖いものです。ただの紙切れなのに、人を喜ばしたり悲しませたり、時には怒らせたりするのですから。そのお金の借入のために生活に苦しんだり、ある人は自分の命を断とうかどうかまで考えます。ちょっと待って下さい!たかが紙切れのために、お金では買えない命を断つ必要は全くありませんし、そんなことをしてはいけません。借金苦を一人で悩む前に、できる事があります。

それは、法律の専門家に相談することです。専門家というのは弁護士または司法書士です。彼らは法律のエキスパート、借金に関する法律にも熟知していますから、まずは相談してみましょう。今後の自分の人生の展望が開けるはずです。また、最近では市役所などに無料法律相談所が設けられている事があります。あなたがお住まいの地域にある役所にも相談所があるかもしれません。そこで、借金に関して相談を持ち込んでみましょう。今後どうすれば良いか、何かのアドバイスをもらえるでしょう。

あとは知っておくべき知識として債務整理があります。借金を法律に基づいて片づけることです。債務整理にも幾つか手段があります。自分の借入状況などに照らし合わせて、それら手段を選択することになるでしょう。その手段とは主に4種類挙げられます。任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4つです。

任意整理とは、裁判所を介さず債権者と債務者双方の合意で借金を整理する方法です。この場合、債務者、つまり借金をしている人自身がお金を貸している債権者と直接交渉する訳ではありません。基本的にそれは無理なので、弁護士または司法書士を介して交渉することになります。特定調停は、裁判所を通して借金を整理する方法です。経済的に破産する恐れのある人が債権者と話し合う事になります。

任意整理は弁護士や司法書士を通して行いますが、裁判所を通して行うのが特定調停と考えればOKです。個人再生に関してですが、自己破産のように借金がチャラになることはありません。しかし、大幅な減額ができる整理方法です。家を残したりすることもできるので、自己破産にはないメリットもあります。

最後に自己破産ですが、自己破産は債務整理の中で唯一借金が0になる整理方法です。ただし、家などの財産はほとんど処分することになります。そういう意味ではデメリットが大きいとも言えます。しかし特定の状況では非常に有効な整理方法となるでしょう。このように借金を解決する方法はいくらでもあります。一人で悩む必要はありません。ちょっとだけ行動すれば、借金という奴隷状態から解放されるのです。まずは法律の専門家に相談することにしましょう。

借金は一括にまとめて金利を下げて返済!

このページの先頭へ