借金解決方法

借金帳消しになる自己破産、申し立てには要件を満たす必要がある?!


債務整理は主に4種類ありますが、その中で良くも悪くもとりわけ注目が高いのは「自己破産」でしょう。自己破産と聞くと、どことなく暗いイメージがあります。また自己破産すると、「人間失格」のレッテルを貼られるような気がして、自己破産手続きを躊躇する方も少なくありません。実際は違います。自己破産は国が国民に再生の機会を与えたりっぱな制度なのです。ですから、特定の状況では自己破産手続きに臨むのが最善かもしれません。しかし、この借金が帳消しになる自己破産、申し立てには要件を満たしている必要があります。

その要件とは、借金をどうしても返済不可能な状態であると裁判所が判断した場合です。自分で判断ではなく、あくまでも裁判所の判断次第というわけです。これは一つの例に過ぎませんが、借金が総額200万円、毎月の収入が40万円だとしたら、客観的に考えても返済は可能です。ですから、自己破産申し立ての要件を満たしているとは言えません。しかし、借金が1000万円、毎月の収入が10万円だとしたらどうでしょうか。返済は不可能に思われます。こういう場合は、支払不能な状態だと判断され自己破産が可能になるでしょう。ケースは様々です。もし自己破産が認められない場合は、その他の債務整理の方法を選択することになります。

自己破産はご存知の通り、すべての借金が0になります。逆に言えば、一部の債務を除いて整理したい・・・ということは出来ません。例えば、家だけは残したいから住宅ローンは整理しないとか、連帯保証人に迷惑をかけたくないから特定の債務は消去しない、などの部分選択は不可です。住宅は必ず処分されてしまいますし、保証人が付いている債務があると、その保証人に請求がいきます。こういう融通の利かないデメリットがあります。それがどうしても耐えられないなら、部分的に借金を整理する民事再生を選択する方が良いでしょう。

自己破産は借金がすべてチャラにはなるものの、それなりにデメリットがあります。やはり借金が解決できても、どこか不快感が残る事になるでしょう。そうならないように、借りたものはきちんと返す決意をすること、またお金を借りなければならないような状況を極力避けること、お金をしっかりと管理できるよう成熟した大人になること、などなど学ぶべきことはたくさんあるでしょう。

借金は一括にまとめて金利を下げて返済!

このページの先頭へ