借金解決方法

過払い金てお金を払い過ぎてたってこと?じゃあ借金はどうなるの?


どうしてもお金が必要でお金を消費者金融から借りました。借りたお金を数年かけて返すことになったのですが、ある時友人が、「あなたは過払いなんじゃないの?計算し直してごらん」と言うのです。言われたとおりに計算し直したら、実はお金を返済しすぎていたことが分かったんです。

調べて分かったのですが、法律で利率が決まっています。つまり消費者金融がお客にお金を貸す時の利率は法律で定められているので、それよりも高い利率でお金を貸すことは法律違反になります。ちなみに、法律で決まっている利率の上限は、10万円未満:20%、10万円以上から100万円未満:18%、100万円以上:15%、となっています。だからこの利率より高い利率で返済していた場合は、お金を取り戻すことが可能です。これだけでは分かりづらいかもしれないので、具体例を一つ挙げてみます。これは私が経験した実例です。

私は100万円を借入しました。利率は25%と言われ、毎年30万ずつ返済することにしました。利率が25%ということは1年目の利息の返済が25万円となります。1年目に30万返済すると次の年は元本が95万円になり、その25%を利息として第2年目は返済することになります。しかし100万円を借入した時の上限利率は15%です。ですから本当は1年目の利息は15万円だけのはずでした。つまり、この時点で10万円多く返済していることになるわけです。1年目に30万円を返済すれば、本当は元本の残りは85万円になるということです。これが過払いのしくみです。

もうすでに借金の返済は終わりましたが、過払いの分を返却して欲しいと思っていたんです。しかし、自分だけではどうしようもないと思っていたところ、上記の友人がまたアドバイスをくれて、「司法書士に相談すると良い」とのこと。すぐに司法書士に相談することにしました。今回のこの件でたくさんのことを学ぶことができました。お金を借りたいという気持ちの隙を狙われたということが、大切な教訓でもありました。お金は重要ですが、先の事をよく考えてお金の貸し借りを行う事。それだけでなく、借入なしに事を運べるように様々な面で努力する必要があることもひしひしと感じました。高い授業料でした・・・。

借金は一括にまとめて金利を下げて返済!

このページの先頭へ