借金解決方法

住宅ローンを滞納してしまうとどうなる?気になる借金返済方法とは


夢にまで見たマイホームを購入したものの、長期にわたって住宅ローンを滞納してしまった場合どうなるでしょうか?1,2回ではありません。長期間です。債務者は返済方法があるのでしょうか。今後、購入した家はどうなってしまうのでしょうか。簡単に言えば、家は何らかの方法で売却しなければならなくなるでしょう。住宅ローンの債権者にあたる金融機関は住居そのものを売って借金の回収をするからです。長期滞納の場合はこの事を覚悟しなければなりません。

家を売却することになると二つの方法のいずれかになるでしょう。一つは競売、もう一つが任意売却です。競売ですが、これは債権者(住宅ローンの場合主に金融機関)が裁判所に競売の申し立てを行い、裁判所が住宅等の調査を行い購入者を募集し、オークション形式で売却することを言います。住宅ローンを払っていた側の債務者はこの売買に手を出せず、この手続きは自動的に進んでいきます。

もう一つの任意売却ですが、債権者と債務者が話し合い、お互いが合意の上売却を進めていきます。この場合は債権者が特別な条件を要求してくることが一般的です。例えば引き渡し時期などがそれにあたります。それら条件に応じた形で債務者は売却先を探しだします。ケースとして多いのは親族や友人に売却するといったケースです。または不動産業者を通して売却先を探すケースもあります。売却して得られたお金を住宅ローン返済に充当すれば、借金返済完了です。

このいずれかの方法で借金返済を進めていくことになりますが、どちらにしてもマイホームは失うことになるでしょう。ですから可能な限り滞納しているローンを返済することに努めれば、大切な住居を失わずに済むかもしれません。こうした場合は自分の知恵だけではうまく物事も進まないでしょう。できれば弁護士に相談して、どんな方法を採用するのが最善か、しっかりとした答えを得るのが今後の人生にも役立つと思います。

借金は一括にまとめて金利を下げて返済!

このページの先頭へ