借金解決方法

サラ金での借金返済の極意、問題は解決できる!


一昔前ですが「サラリーマン金太郎」というドラマが話題を集めましたが、この記事はサラリーマン金太郎とは無関係です。ここでお話しするのは「サラ金」についてです。サラ金というのはサラリーマン金融の略語ですが消費者金融の事を指していて、個人への金銭の貸し付けを行う業者のことです。なぜサラ金と呼ばれるかと言いますと、以前ではサラリーマンを対象にした業者が多かったからなんです。だからサラリーマン金融と呼ばれていたんですね。

サラ金こと消費者金融からお金を借りるのは全く悪いことではありません。しかしお金を借りた後に問題がたびたび起きています。借りたお金を返さない人が少なくないんです。借りたものを返さないのには理由があるかもしれません。しかしいかにも正当な理由のように聞こえても、貸し手側からするとただの言い訳にしか聞こえません。借りたものは利息をつけて返せ、というのが彼らの言い分です。正論です。彼らは全く間違ったことは言っていません。ですから借りた側としては何とかしてでも、借りたお金に利息をつけて返す義務があります。

しかし現実問題金利も安くなく、返したくても返せない方が大勢います。そして、年間では10万人を超える人が借金が原因で自己破産をしているのです。自己破産というのも、借金返済という問題の解決方法です。しかし、自己破産以外にも選択肢はあります。それを知った上で、どのように借金問題を処理していくかを考えるべきです。

まずは一番のオススメは、先ほども述べましたが借りたものは利息をつけて返すことです。それが借り手の正当な義務です。返すことが可能なら、精一杯働いて返しましょう。しかし、どんなに頑張っても返せない、債務を果たすことができないという場合はどうすれば良いでしょうか。サラ金の問題を解決できる法的手段が4つあります。1つが先ほど挙げた自己破産、その他には任意整理、特定調停、そして個人再生です。これらの制度をよく調べて、自分に一番合った方法で借金問題を解決していきましょう。

また、法律が関係してきたり法的処理をしなければならない場合、自分だけではどうにもならない時があります。そういう時はためらわずに弁護士又は司法書士に相談することにしましょう。それが問題解決の第一歩となります。

借金は一括にまとめて金利を下げて返済!

このページの先頭へ