借金解決方法

ノンバンクから融資を受けると、その後の借金返済はどうなる?


融資を受けたいが、銀行からの融資を受けるには審査が厳しい。じゃあ銀行をあきらめると、他に自然と目が向くのはノンバンクでしょう。でも初めてノンバンクと聞く人は「ノンバンクって何?」「ノン-バンクだから銀行ではない?銀行ではない何だ?怪しい」と思うかもしれません。しかしノンバンクは怪しいものではありません。ノンバンクとは、銀行や信用金庫以外の金融機関を指しています。主に、融資のみを扱い預金は取扱っていない金融機関のことです。

ノンバンクなら一般の銀行に比べて審査基準も若干甘く、比較的簡単に融資を受けられるかもしれません。実際ノンバンクでお金を借りるメリットは、融資を受ける際の審査や手続きが早いという点です。ですから急ぎの場合なんかはノンバンクでお金を借りるのは好都合でしょう。

一般の銀行に比べてお金が借りやすい分金利も高い傾向にあります。しかしノンバンク会社も数多くあります。それらを比較すると金利の高い業者もあれば、若干低い業者もあります。ですから、借りる前に余裕があるならそれらノンバンクをしっかりと比較して、なるべく金利の低いところでお金を借りる事にしましょう。借りやすくて金利が低ければ、銀行で借りるより断然お得ですものね。

気をつけなければならない点もあります。ノンバンクと言われているその業者がきちんとした金融機関であるかどうかを、融資を受ける前に必ず確認しましょう。というのは、ノンバンクの金融機関としてクレジット会社や消費者金融、信販会社やリース会社があります。それらの会社は国から貸金業規制法の適用を受けています。もし仮に、受けていない場合、または怪しい場合はいくら金利が低くてもそこで借りるのは避けるのが無難でしょう。その後の借金返済に大きく影響するかもしれません。

また銀行かノンバンクかに関わらず、お金を借りた時の大原則を決して忘れてはなりません。「借りたものは返す」。融資の場合は「借りたものは利息をつけて返す」ことです。ノンバンクの融資は私たちの助けとなりますが、その後の借金返済はあなた次第です。あなたの返済態度でその後の生活や人生も変わるという事、お忘れなく。

借金は一括にまとめて金利を下げて返済!

このページの先頭へ